じんもんこん2014は終了しました。たくさんの方々のご来場ありがとうございました。
じんもんこん2014ポスター賞は、審査員による投票の結果、以下の発表に決定いたしました。おめでとうございます。
P3:トピックモデルを用いた天正期古記録『上井覚兼日記』における人物間関係の検出
山田 太造(東京大),野村 朋弘(京都造形芸術大),井上 聡(東京大)

趣旨

人文学(ヒューマニティーズ)の分野でも、オープン化への注目が集まりつつあります。データのオープン化、ソフトウェアのオープン化、コミュニティのオープン化など。そこには、データベースやソフトウェア等の研究資源の共有化、分野や組織を越えて異なる専門性を持つ人々が進める協働、そしてより多様な資料に基づく新たな発見への期待などが込められています。その一方で、こうしたオープン化の動きは、従来の研究システムや権利制度との摩擦を生み出す面もあり、オープン化に伴う課題についても議論が提起されています。

そこで、本シンポジウムでは、オープン化が進むヒューマニティーズを見据えたデータベースやソフトウェアの共有、組織や分野を越えた連携などの可能性を探るとともに、オープン化が引き起こす影響などの課題にも向き合いつつ、人文科学とコンピュータの未来を議論したいと考えています。

実行委員会

北本 朝展(国立情報学研究所)[委員長]
大向 一輝(国立情報学研究所), 阪田 真己子(同志社大学 文化情報学部), 関野 樹(総合地球環境学研究所), 高野 明彦(国立情報学研究所), 武田 英明(国立情報学研究所), 松村 敦(筑波大学 情報学群), 山田 太造(東京大学史料編纂所)

プログラム委員会

山田 太造(東京大学史料編纂所)[委員長]
耒代 誠仁(桜美林大学), 後藤 真(人間文化研究機構), 関野 樹(総合地球環境学研究所), 高田 智和(国立国語研究所), 研谷 紀夫(関西大学), 永崎 研宣((財)人文情報学研究所), 原 正一郎(京都大学 地域研究統合情報センター)

投稿論文の採否決定にかかるプログラム委員会規則

おもなトピック

デジタル・アーカイブ(記録、保存もしくは活用に関する技術、事例、理論など)、保存科学、文化財防災、MLA連携、デジタル博物館、デジタル化文書、ドキュメンテーション、古学・歴史学・文献学・言語学などの人文系諸学を含むデジタル・ヒューマニティーズ、人文情報学、時空間情報、視覚化、データ・マイニング、色彩情報処理、情報技術を用いた教育、WEB活用、情報検索、メタデータ、知的財産権・著作権課題など、広く人文科学とコンピュータ研究会の理念に即したテーマ、事例、現状批判、問題提起などについてのご発表も広く歓迎いたします。

発表論文募集

スケジュール

じんもんこん2014の概要論文締切を、9月25日(木)に延長します。

当初締切までに提出された論文は、当初日程通りに進めます。

延長締切までに提出された論文は、採否通知からカメラレディ論文締切までの期間が約1週間短くなります。

項目 当初日程 延長日程 変更点
募集開始 2014年7月7日(月) - -
概要論文締切 2014年9月12日(金) 2014年9月25日(木) 約2週間延長
論文採否通知 2014年10月6日(月) 2014年10月14日(火) 約1週間遅れ
カメラレディ論文締切 2014年11月7日(金) 2014年11月7日(金) 変更なし

概要論文の応募について

  1. A4判2ページ(図表を含む)の概要論文を電子メールで投稿して下さい(電子投稿のみ受け付けます)。査読方針、概要論文の書き方、送付方法などについては、じんもんこん2014概要論文フォーマット(Microsoft Word形式)に詳しい情報がありますので、ダウンロードの上、必ず参照してください。フォーマットの最新版は2014年8月8日更新です。
  2. 著者と所属は概要論文には書かずに別途投稿フォームに記入の上、投稿時にメールの本文として送信してください。
  3. 概要論文には希望する発表形式(口頭、ポスター、またはデモ)を明記してください。どれでもいい場合は、その旨記入してください。
  4. 事務局からの連絡は、電子メールを用います。投稿には必ず受付通知をお返しします(おおむね24時間以内)。受付通知が届かない場合はお問い合わせ下さい。
  5. 提出された概要論文に基づいて、プログラム委員会で査読・審査の上、応募論文の採否を決定します。
  6. 採択された場合、A4判8ページ以内の論文集用カメラレディ論文を提出していただきます。

発表形式

口頭発表

  • 口頭発表での持ち時間は30分(発表25分,質疑5分)です.

ポスター発表

  • ポスター発表には以下の設備を用意します。この設備を利用したデモも可能です。これ以上の設備が必要な場合はお問い合わせください。
    1. パネル:W870mm, H1740mm(掲示可能面積)
    2. 机:W1500mm, D600mm, H700mm
    3. 電源コンセント:1コ
    4. 椅子:1脚
  • ポスターは13日(土)の昼休みから掲示できます。ポスターセッション開始時までには掲示を完了して下さい。
  • ポスターは原則として14日(日)の昼休みまで掲示し、14日の昼休みに撤収することとします。この時間に撤収できない方は、自ら早めに撤収するか、実行委員会が撤収の上破棄するか、どちらかを選択してご連絡ください。

参加申込

申込方法(申込み受付中です)

事前登録期間2014年10月31日(金)~2014年11月28日(金) 23:00 終了しました。

事前登録サイト : 情報処理学会の申込みフォームからお申込み下さい。

参加費振込先こちらをご覧下さい。

参加費

参加費(税込)は以下の計算式に従って計算します。

1日目のセッション終了後に懇親会を行います。参加費(一般5,000円、学生2,000円)については、当日会場での受付(現金払いのみ)となります。準備の都合がありますので、参加申込時に出欠予定をお知らせください。

参加費13,000円割引適用なしの場合
事前登録割引-3,000円2014年11月28日23:00までの申込みかつ振込みの場合(事前・事後共に可)
IPSJ会員・後援団体会員割引-1,000円会員番号等の提示が必要です。
CH会員割引-3,000円人文科学とコンピュータ研究会への登録手続きが必要です。当日も登録手続きを受け付けます。
1日参加割引-2,000円シンポジウム2日間のうち、1日のみ参加の場合。ただしこの割引は、発表者には適用できません。また、CH会員割引および学生割引との重複適用もできません。
学生割引特別料金シンポジウム当日に、学部または大学院に在籍する場合に限ります。事前登録と当日登録が同額となっていますが、原則として事前登録をお願いします。

これをすべて表示すると以下のようになります。赤字の参加費は、発表者には適用できない点に注意して下さい。

会員種別事前登録フル参加当日登録フル参加事前登録1日参加当日登録1日参加
CH会員6,000円9,000円--
IPSJ会員・後援団体会員9,000円12,000円7,000円10,000円
非会員10,000円13,000円8,000円11,000円
CH会員(学生)0円0円(原則事前登録)--
IPSJ会員・後援団体会員(学生)3,000円3,000円(原則事前登録)--
非会員(学生)3,000円3,000円(原則事前登録)--
論文集のみ5,000円5,000円--

問い合わせ

シンポジウム全般の照会先メールアドレス:

協力団体